フォトアルバム

このブログをもっと楽しんでいただくために~

  • ※このブログには、記事ごとに必ず写真が貼られています。写真をクリックすることで、拡大してご覧いただけます。大きな写真でお楽しみください。   尚、こにちゃんの写真は、写真販売ページにある「フォトライブラリー プロフィールページ」をクリックして公開サイトへ飛ぶと、ご購入いただけます。(販売写真はブログ内のものとは異なります)    ※このブログの本文中に、アンダーラインのある項目を見つけると~、そこをクリックすれば、その言葉・名称に関連したサイトへ飛ぶことができます。情報収集に役立ててくださいね!   ※写真専門ブログ「Weekend Photo Gallery」を開設、四季折々の写真を展示中。こちらもよろしくね!!

ブログランキング

フォトライブラリー

  • 写真素材販売サイト
    写真素材-フォトライブラリー
Powered by Six Apart

« 2015年11月 | メイン | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月27日 (日)

京都・お楽しみ♪

におうまるさんの2日目。もう観光地周辺は知り尽くしたも同然の彼に、京都観光を楽しんでもらうには~、そう、仕事では体験できない事をしてもらうこと。京都市を中心に、地下鉄、私鉄、JRまでも乗り放題となる切符のセットが販売されています。これを活用すれば、呑みながら各名所を回る事ができますねsign01

で、嵐電に乗って嵐山にやって来ました。めっちゃ観光地やん。いやいや、お仕事では体験できない事を・・・

Pc200010 早速クラフトビール“らんでん麦酒”なるものを飲み干し、こんなに見晴らしのいい所へ上がってきました。

Pc200035 嵐山モンキーパークです。ここには野生のお猿さんがいっぱいいます。来年は申年。年賀状用の写真撮影にもいいですねwink お猿さんを観察していると~、こんなシーンが撮れました。

ここでは人間が小屋の中に入り(動物園とは逆ですね!)、お猿さんに餌をあげることが出来ます。野生なので奪い取るような感じかと思えば、あら、優しく受け取り、そっと握って口へ。手に触れた感じも人間的ですね。いや~、楽しんでもらえたようでhappy01

嵐山と言えば、もうひとつ。

Pc200049 当日の切符がうまく買えましたticket トロッコに乗って、絶景を楽しんでいただきましょうnote

Pc200051 トロッコ列車は、窓のない吹きさらしの車両で自然を体感するのが人気なのですが、冬季はストーブ車両が連結されていて、風情を感じる事ができます。窓は開きませんが。

道中では、保津川下りとすれ違い、手を振り合うシーンが何度も楽しめます。かつて国鉄線だった線路を、ゆっくりペースで絶景を眺めつつ、亀岡へ。亀岡(馬堀駅)からは再び1デイパスを利用して、二条へ。

二条では昼食にラーメンを。京都にいて新潟のラーメンを。これがまた美味しいんですよhappy02

さて、ここからはにおうまるさんのリクエストなんですが~、地下鉄~京阪を乗り継いで出町柳。市バスに乗り換えて~

Pc200072 午後、徐々に夕暮れが迫りつつある銀閣寺へ。京都観光ではど定番ですが、この日の夜には嵐山花灯路が開催され、観光客は嵐山・嵯峨野方面へ移動します。なので空いてるんですね。

銀閣寺からは哲学の道を歩いて、蹴上から地下鉄で我が家へ。お留守番だったノワくんが、ちょっと怒ってます。

「ボクだけ何で留守番ねんー!?annoy

アンタ、お猿さん嫌いやろなcoldsweats01

一日は早いですね。でも、たっぷり遊びました。少し休憩したら、京都駅へ。大きな荷物を手に、におうまるさんは改札口へと去っていきました。今年もこうやって遊びに来てくれました。楽しんでもらえて何よりです。また是非、遊びに来てね。

2015年12月22日 (火)

友、来る

北陸から、友人・におうまるさんが訪ねて来ました。バスの運転手である彼は、観光バスの仕事で京都を訪れることが多いのですが、プライベートで来る事を毎年の楽しみにしてくれています。

仕事とはいえ、名所は網羅しているにおうまるさんだから・・・仕事とはかけ離れた経験をたっぷり味わって欲しい。そこで初日はこんな試みをしてみましたhappy01

Img_2199 存分に笑っていただきましょうnote

てか、僕らも完全にハマリました。

漫才や落語で笑った後、辻本茂雄さんが座長を勤める一座の公演。腹がよじれるとはよく言ったもの。頬の筋肉も激しい運動を繰り返す(?)がごとく、笑いっぱなしでしたhappy02

家に帰ると、鍋を囲んで談笑。僕が最近日本酒を好むのも、実はにおうまるさんの影響だったりします。今回も良いお酒をいただきましたbottle

におうまるさんは、春に大病を患いました。秋には僕が。でも、お互い無事で、こうして杯を交わし、語り合える事に、生きる事の喜びをかみしめました。大げさじゃなく、本当に心から・・・wink