フォトアルバム

このブログをもっと楽しんでいただくために~

  • ※このブログには、記事ごとに必ず写真が貼られています。写真をクリックすることで、拡大してご覧いただけます。大きな写真でお楽しみください。   尚、こにちゃんの写真は、写真販売ページにある「フォトライブラリー プロフィールページ」をクリックして公開サイトへ飛ぶと、ご購入いただけます。(販売写真はブログ内のものとは異なります)    ※このブログの本文中に、アンダーラインのある項目を見つけると~、そこをクリックすれば、その言葉・名称に関連したサイトへ飛ぶことができます。情報収集に役立ててくださいね!   ※写真専門ブログ「Weekend Photo Gallery」を開設、四季折々の写真を展示中。こちらもよろしくね!!

ブログランキング

フォトライブラリー

  • 写真素材販売サイト
    写真素材-フォトライブラリー
Powered by Six Apart

スポーツな日々 Feed

2011年1月16日 (日)

京都優勝!

今日は都道府県対抗女子駅伝開催日でした。

他の目的で出かけてた僕ですが、目の前を通るとなると見逃すわけにはいきませんeye しっかり見てきましたよ~wink

まずは金閣寺の近く。2区ですね。先頭を走ってきたのは・・・京都じゃない。

Dsc_8982 見えてきたときには4位ぐらいだったのかな? まだこの区間では選手の間隔も開いていないので、あっという間に全選手が通過していきましたrun

その後、西大路御池まで移動。ケータイのワンセグで情報を収集phoneto すると、一時はかなり順位を落とした京都ですが、福士選手がトップ独走というではないですかsign03 よし! ガンバレーimpact

Dsc_9016 車の流れがなくなり、いよいよ福士選手の姿が見えてきました。僕のカメラが、しっかり表情をとらえましたcamera

このまま京都の首位独走となり、僕の前を最後尾の選手が通過した直後、福士選手がゴールする瞬間がケータイの液晶画面に流れました。

やったねsign03

僕は選手達の走る姿を生で見たのは初めてです。臨場感もさることながら、選手達の熱い思いが伝わってくるようで、とても感動的でした。

選手の皆さん、関係者の方々、応援に駆けつけたみなさん、寒い中、お疲れ様でしたwink

2009年1月 5日 (月)

えらいことです。。。。。

初滑り~。スキージャム勝山にやってきました~snowboard 僕、一応スノーボーダーなんです。

今回は、のんたこさん、Y氏、S嬢&彼氏、そして相棒さんと僕の6人。S嬢の彼氏・Aくんは初心者。朝早くからスクールに入り、練習を済ませ、戻ってきました。それまで僕らは~、何やっとんねんsign02coldsweats01

100_0098 で、ようやくリフトへ。すると、長蛇の列shock とりあえず上まで上がりますか。そう、ジャム勝は、上まで上がった方が初心者に優しいコースなんですね~。

リフトを乗り継ぎ(寒っ!)、一度山頂へ。100_0099

樹氷がきれいshine

ここでS嬢とAくんは初心者コースへ。僕らはイリュージョンサイトへと移動します。そして爽快に滑走~っっっっって・・・か、体が~shock

なんと、これまでフツーに滑ってきたはずのコース、今回はまったく体が動きません。足はうっ血して痛いし、デコボコは全く吸収できず、コロコロ転倒を繰り返す始末coldsweats02 ついにはゴーグルが吹っ飛んで、雪まみれ。前が全く見えないので、ゴーグルなしで滑り、eyeが痛てーbearing

100_0100 お昼~。質素にカレーで。忘れちゃいけない生beerっと。お尻に根っこが生えて、2杯も飲んじゃいました。

そして食後は~、僕はなぜかクタクタweep Aくんにお付き合いして、ゆっくり下ることにしました。だって、このまま続けると怪我しそうなぐらいしんどいのですよ~。。。

一方、のんたこさん、Y氏、相棒さんは、元気に上がって行きました。

時間をかけて滑り降りると、3時10分。もういい。しんどすぎshock なんでしんどいかというと~、昨年から比べて7キロも増えた体重のせいなのです。きっと。。。これはいけません。頑張って体を絞らなければ。

全員集合すると~、みんなで温泉spaへ。自分のお腹を見て、深く反省した1日でした。

2008年11月 5日 (水)

ハイキングGO!GO!

いい季節になりましたね。最近運動不足な僕ら、たまには体を動かすかぁ!という訳で、ハイキングに行ってきました。

向かうは笠置。いくつかのハイキングコースが設定されていますが、ハイキングなら山道でしょ!と、史の道コースを選び、笠置山頂を目指したのです。

入り口はこんな感じ。

100_0002_2 さて、意気揚々と入り込んだこのコース、僕が記憶していた以上にキツイsweat01 完全に山道をナメてました。。。足がパンパンにぃ~。

途中、勾配が緩やかになるとほっとするのですが、それも束の間、ヘビに遭遇。相棒さん、猛ダッシュ!runsmile

キツイ山道を登ったので、山頂には比較的早く着きました。で、笠置寺を散策~。

100_0004_2 こんなに色づいてたり・・・

100_0007_2 こんなにでっかい岩があったり・・・

もみじが青々としてる。

100_0008_2 こんなに展望が開けたり・・・

散策コースの途中には、磨岩仏といって、岩を磨いて仏像を彫りあげたものもあり、おもわずほぉ~っと見上げたり、胎内くぐりでは岩の間を体を斜めにして歩いたりと、なかなか面白いです。

でもぉ、アップダウンが激しくて、足がぁぁぁぁぁぁあああcoldsweats01

よく頑張って歩いたので、もみじ公園でお弁当です。地鶏弁当なる駅弁を買っておいたので、それをいただきます。美味しい~delicious

100_0013_2

笠置寺散策を終えると、さらに史の道コースを柳生方面へ。今度は歩きやすいな~foot

そして舗装路の、緑のしぶきコースをひたすら下ると、〆はわかさぎ温泉spaで汗を流します。

さあ!よく歩いたから、自分達にご褒美beer かんぱ~いsign03 くぅ~、しみるぅ~~happy02

ところで、帰りの列車は? 店員さんに聞くと、「あ、もう出ますね」と。次の列車まで1時間。そしてお約束どおり(?)もう一杯飲んじゃった僕ですcoldsweats01

2008年1月21日 (月)

1月20日 雪山とハプニング

7jg93ast  先週に引き続き、スノーボードです。今回の参加は、遊人の仲間達8名。岐阜県はめいほうスキー場です。やや曇りがちだけど、うっすら日も差し、視界良好。雪のコンディションも悪くないです。
 現地到着後、夜中に車の中で宴会。。。ビールや酎ハイを、1ℓも空けてしまった僕ら、のんべえ全開です。
 準備をし、滑り始めたのは、やはり9時頃。少々寝不足ですが、まずは頂上目指してリフトでどんどん上がっていきます。前回のジャム勝と比べて、今回は若干人が少なく、リフト待ちの列もむちゃくちゃ長いわけではないので、少しほっとします。
Hfxyxnyg
H1oppsjg  山頂に到着。目に飛び込んできたのは、この見事なパノラマ。雪をかぶった山々が、まるで波のよう。綺麗な風景です。一眼で撮りたいです。
 ここめいほうは、コースが長いのが特徴。山頂から中腹まで、一気に滑り降ります。まずは初級〜中級コースで足慣らし。そのあとは・・・beerまたかいsign01
Wxyjtibb  今回は友人N氏も久しぶりに朝からちゃんと滑ってます。いつも初心者にレッスンしているので、午前中は別行動だったのです。今回、初めての朝beerとなります。
 ここでK氏の様子がおかしい。で、見ると、スキーブーツが割れているではないかsign01そろそろヤバイとは言っていたが、こんなときに、しかも中腹で割れてしまうとは、何ともついてない。いきなりのハプニング発生です。

 K氏は「ブーツをレンタルしてくる」と言って、山を下っていきました。ちゃんとたどり着けるかな? ちょっと心配しながら、僕らは再び山頂を目指します。_pprgeke
 再びこの大パノラマを見ながら、滑走します。が、N氏は久しぶりのスノーボードに不調をうったえます。まあ、ムリもない。ゆっくり慣らしていきましょうぜ! 一方、H氏は10年ぶりのスキーとか。こちらもゆっくり慣らしながら滑ります。Jttqj_kf 僕らと、初顔合わせのKさん(彼女はスキー1級並の腕前!)は、彼らの様子を見ながらも気持ちよく滑走。そして11時半、約束したレストハウスに集合します。
 レストハウスでは、ブーツをレンタルしてきたK氏もちょうど合流、下のコースでマイペースで滑っていた、スノーボード暦の浅い女性2人も合流し、8人が揃って昼食&beerと相成りました。

 午後からは、全員が山頂に上がり、記念撮影、そのあとは自由に滑り降ります。僕とK氏、Y氏、Kさんに、N氏が加わって、まとまって滑走。女性二人は相変わらずマイペース。H氏もマイペースで楽しみます。
 山頂からのコースを降りたあとは、別のコースも楽しみます。僕はコブは滑れないので、中級コースをメインに滑ります。スキーの3人は、コブ斜面にも挑戦。さすがにKさんは上手い。膝の使い方は、スノーボードにも参考になりました。

Odsvjqik  こうして3時を回り、それぞれが徐々に滑走を終えていきます。K氏と僕が一緒に降り、K氏はレンタルしたブーツを返却し、壊れた自分のブーツを持ち帰ってきました。それは悲惨な状態。インナーむき出し。見事にバラバラsign01スキーブーツって、劣化するとここまで壊れてしまうんだ。いやはや、とんでもないハプニングでした。

7bgkddca  1日楽しんだ僕らは、その疲れをspaで癒します。この温泉は、誕生日の人は無料で入れます。そして1月20日は僕の誕生日。もちろん無料で温まりました。ただ、あまりにも人が多く、洗い場には列が出来ていました。まあ仕方ないね。
 露天風呂に入ります。湯温も悪くなく、きもちいい〜smile
Lrxiqtph  入浴後は足湯に浸かってみんなの集合を待ちます。これもきもちいい〜。体が温まり、汗が出てくるほどです。
 それから、足ツボマッサージも。これまた疲れを癒すには効果的。ちょっと痛いけど、きもちいい〜。
 こうして僕らの楽しい1日が終わりました。帰路では、予想していたほどの渋滞もなく、僕の帰宅は午後9時半ごろとなりました。

2008年1月14日 (月)

1月13日 初滑り〜!

Z35uegy6
 ヤッホー!! 山の朝だ〜〜ってんで、やって来たのはスキージャム勝山、通称ジャム勝。Y氏の企画で、K氏と僕の3人で来ました。男3人。。。
 いつもながら僕らの朝は遅い。何だかんだして、既に9時を回ってます。それからボチボチ・・・とんでもないスロースタート。Gixdjmqp しかし、目の当たりにしたのは・・・この長蛇の列sign01 リフト券購入に、これだけ並んでるcoldsweats02 これは1時間はかかるぞ。。。という訳で、僕らが選んだ道は、休憩(滑ってもいないのにかいsign01sign02
 まあ、これだけ人がいれば、並んでいても休憩していても、結果は同じだろうと。そういう訳でボードを置きに行ったとき、目の前にはパック券の受付。
Nlqtirlp しかも放送も何もしないのだから、誰も気づかずにいる。すかさず僕らはここでリフト券を入手。コンビニでパック券を買っておいて正解でした。
 さあ、滑るぞ!って、この写真は何だ? 結局これですわwink
 まあ、今日のメンバーならこれは予想されたこと。口実はこう。
「並ばないですんだ分、時間を得した」 あはは・・・
4pcftfdl  さて、早速出来上がったところで、いよいよ滑りにGO! 混雑が予想されるので、最初から奥のイリュージョンサイト(中・上級者向き)へ行くことに。でもそのためにはまず、ファンタジーサイトのてっぺんまで行く必要があります。案の定リフト乗り場はこの混雑。このままだと、イリュージョンサイトに着くと昼食?
Mveooe5o そう、昼食です。もちろんレストランも大混雑。並ぶ者と席を取る者に分かれ、効率よく行きます。すぐに席も取れたようで、これまた嬉しい誤算smile
 ん?ちょっと見て! トレーの上には、3人ともカレー、その横に・・・また飲むのかbeersign01 そう、僕らの昼食には欠かせないものとなってます。(普段はそんなに飲まないんですよぉ!)

 昼食を終えて、さあ!今度こそ滑るぞ。イリュージョンサイトに来たのは正解。比較的空いてる。リフトに乗って、上まで行く。と! 何と寒いことかpenguin 吹雪いていて、雪がほおを叩き、痛い。リフト降り場は、キンキンに凍っています。ボードの上に乗ると、風に流され、そのままコースまで行けます。強烈な吹雪。。。
 ここからは本格的に滑走。途中、少し休憩を入れ、またしてもアルコール消毒(?)するも、かなり頑張って滑りました。4fjrnirz
 山頂付近になると、雪の量も多く、木がこのように雪化粧。思わず写真を撮りたくなります。が、コンデジの液晶画面が見づらく、なかなか思うように撮れません。すると、Y氏の叫ぶ声。
「板が○×=▲※…」
何を言ってるのか?と! あっsign01僕の板がない。。。そう、しっかり雪面に押し付けて置いたはずの板が、風にあおられてゲレンデを滑っていってしまったのです。慌てて探しながら、歩いてゲレンデを下っていくと、他のスノーボーダーの方が受け止めてくれてました。ほんとにありがとう。助かりました。
 一方、今日の僕の滑りは・・・初滑りとして、1本目は体がかたく、思うように滑れなかったものの、それ以降はなんとかちゃんと滑れました。が、雪面というよりアイスバーン、よく転倒もしました。でも意外や意外、中級者向けのコースより、急斜面の上級者向けコースの方が転倒も少なく、上手く滑れたように思います。
Ydoeheur  午後3時を回り、下山します。ジャム勝の下山ルートは結構曲者。超緩斜面でコース幅も狭く、ボードには不利。止まっている人がいると、よけるのに苦労するんです。まあ、それはさておき、時間も押し迫り、足も疲れてきたので、「もういいわ!堪能した」なんて言いながら、最後の滑走。その後、温かいスープを飲んで、冷えた体を癒した後、ジャム勝を後にしました。そして最後は温泉で温まり、帰路につきました。

 初滑り、こんな感じで楽しみました。いろいろハプニングもあり、3人が3人ともコケまくった1日でしたが、やっぱりスノーボードは楽しいスポーツですsmile

2007年7月16日 (月)

7月15日 意外な高得点

Tjryfl7l  台風通過にともない、16日に予定していたラフティングは現地河川増水のため中止。行き場を失った仲間7人は、大阪のとあるボウリング場に集まりました。台風の爪あとの残る状態でのアウトドアを避け、インドアスポーツで汗を流そうという訳です。
 今日は台風一過で久しぶりに雨も上がり、世間の人々の多くが京都へ向かっているよう。そう、祇園祭に。そのためか、連休にもかかわらず待ち時間なしでレーンを2つ確保。みんなそれぞれ変な名前で登録し、熱きバトルをスタートさせました。
Dl12sn9f  みんなbeer片手に乾杯し、その後、始球式(?)を請け負った友人が、いきなりストライク。隣のレーンも続く。何かみんな上手いぞ。僕の腕ではちょっと恥ずかしいかも・・・ 僕自身、ボウリングなんて年に1回もやらない。だから全然自信ないし、やっぱりピンが倒せない。それでも少し慣れてくると、徐々に調子が上がってきて、1ゲーム目を141点で終えました。これはイケるかも(僕的には・・・ね)。
 2ゲーム目からはメンバーがさらにもう一人加わり、総勢8名となって新たにbeershineでスタート。するとみんな、今度は調子が落ちてきました。ストライクの連続が見られなくなってきたのです。酔いが回ったかぁsign02
 そんな中、どういうわけか僕はのっけからストライクを連発。なんか調子いいぞ。beerパワーか??? そして・・・
Qfi6nzo7 Ixcmdi1l

 2ゲーム目のスコアがこれ。「コニャン」となっているのが僕。何と!ストライク6回、10フレでも9ピン倒し、191点sign01 もちろん僕自身の最高得点です。
 ところが・・・最後に1ピン残してしまったことで、200点の大台に乗せる事ができなかった。これに対してみんなからブーイング。。。何で??? とっても複雑・・・最後の1投で思わず口ずさんだ、「曲がりくねった〜♪」がイカンかったのか?
 とにかくこれで終了。2ゲームの総合得点でも僕が最多。こんなの信じられないよ〜smile

 このあとはみんなで居酒屋に流れ込み、beerrestaurantで盛り上がり、楽しい時間を過ごすと、最後は友人宅で1夜を明かしました。
僕らは大自然のいたずらにも屈しないのだ!!

2007年1月29日 (月)

1月28日 雪山再び・・・

Ov3_64ha  今日は遊人の仲間とスキー&スノーボード。snow 総勢9名でめいほうスキー場にやってきました。道中、積雪はなくスムーズに来れたのはいいけど、果たして雪質は?
 集合時間が遅かったので、到着は午前4時頃。それから仮眠をとって、8時半には準備完了。今回は僕らの間では早い準備・・・(^^;
 今日は初心者もいるので、まずは二手に別れ、集合時間だけ決めておき、僕らは上のコースを目指す。山の中腹は霧に包まれ、視界が悪い。そして心配した雪質は・・・一部ガリガリのアイスバーン。でも滑り出すと、それほど条件は悪くない。ただ人が多いのよね。。。
Rbqkvjfu  めいほうはコースが長く、おまけにこの混雑では1本滑るのにずいぶん時間がかかり、3本ほど滑ったらもう11時。ここで僕ら3人がレストハウスの席取りに入る。で、みんな揃うまでの間、早速乾杯beerして待つことに。そうしている間に9人分の席を確保できた。作戦大成功!?
Prb5ppln  これはお湯を沸かしてるんです。食事を終えたみんなは、一旦車に戻り、しばらく休憩。混雑したレストハウスでは席が空くのを待っている人がいるので、ゆっくり話すにはこういった形が最適。"キャラメル・ミルクティー"やココアを飲み、のんびりする。僕らにはこんなテンポが合ってるみたいです。
Wpcjwlzy  さて、休憩後は全員リフトに乗り、中腹へ。ここで記念撮影。初心者のメンバーはここから下っていくことになるけど、僕らはやっぱり上を目指すから、ゲレンデでみんな揃うのはこのときだけ。でも記念撮影だからといってまともな格好では写らないのが遊人の仲間。なんじゃ?この記念写真は・・・
 上のコースも混んでいる。1本滑った後、誰かが「上級者コースなら空いているから、1回行ってみよう」と言ったらしく、とにかく入ってみることに。リフトから見ている限りはなんとかなりそうな雰囲気だったんだけど・・・ いざ上に立ってみると、そこは。ベテランメンバーまでが吹っ飛ぶ始末。「誰やsign02 こんなとこ行こうって言うたんは〜coldsweats02
Rzd8fqik  何とか下りてきた(落ちてきた??)みんなは、もうヘロヘロsweat01 ラスト1本は素直に滑りやすいコースで行くことに。いいペースで滑走。でもさっきのコースで疲れたのか、集中力はやや落ち、足は踏み込む力が激減。ムリは禁物ですね。
 そうして一番下まで下ると、今日の滑走も終了。待ち合わせの4時前になってました。
 最後は近くの温泉で疲れた体を癒し、上手く渋滞を避けながら大阪まで。僕が京都houseに着いたのは、午前0時過ぎでした。

2007年1月 8日 (月)

1月7日 初滑りー!!

Pjwvdfqg  鷲ヶ岳スキー場です。snow 初滑りです。大雪です。coldsweats02 ってんで、なかなか車から外に出られず、意を決して準備を始めたのは10時を回ってから。道中降り始めた雪は、一晩で車を覆い隠すほどに積もってしまい、なおも降り続く。
 今日はノンさん、山ちゃん、ともちゃんと僕の4人。山ちゃんはスノーボードを持ってくると思っていたのに、期待を裏切り(?)、スキーを持ってきている。ええっ?ボードって僕だけ?? まあいいけど。
 そんなこんなで滑り始めたのは11時頃だっけかな〜。閉鎖しているコースもあるらしく、リフトに乗っていると、新雪ふかふかのコースが見える。そして滑走中、吹雪によって視界がホワイトアウトすることも。
Mfdwazmd  1本、2本・・・3本目にみんなふかふかの新雪に向かっていくので、僕も調子こいて行ってみると、「こりゃアカンわ〜shock
 新雪に慣れていない僕は、ターンの度にボードが雪に突き刺さる。ダメっす。ここは・・・
 そんな訳で手堅く圧雪されたコースを爽快に滑る。しかし吹雪は激しく、顔が痛い。時々視界を失う。何という悪条件sweat01
 でも何だかんだ言って、みんな滑り出すととても元気なんですよね〜。
 昼はラーメンで体を温め、午後は気象条件や渋滞を考慮し、3時ごろに終了。朝が遅かった分滑った本数は少なかったけど、かつてのようにガムシャラに滑るんじゃなく、今はのんびりしたペースで楽しむのがいい。
 帰りは意外にも(っていうか、目論見どおり?)渋滞はほとんどなく、大津まで帰ってきてからスーパー銭湯spaに入り、9時半ごろ、帰宅となりました。8日は仕事sadという僕をよそに、他のメンバーはさらに山ちゃん宅で遊んだとか。。。